生活・健康

運動やダイエットにすごい効果!全身に働きかけるのステッパーの4つの作用!

10/27.皆様 おはようございます。
いかがお過ごしですか。
冬に近づき、肌寒い日々が続いていますね。

風邪やインフルエンザ等流行しやすい時期…
今日は私のおすすめの健康の為の運動方法
運動やダイエットにすごい効果!
全身に働きかけるのステッパーの4つの作用!
をお届けします。【ステッパーとは】
ステッパーとは、運動器具に足を位置する場所があり、そこに立ち左右交互に足踏みを行い、手軽に鍛えることができるフィットネスグッズです。

フィットネスジムやスポーツクラブに通ったり、外にジョギングに出たりする必要がなく、時間と場所を選ばず、自宅で体力向上・体力の維持、ダイエットに励むことができる優れもの!

現在種類は様々あり、踏み台のみのもの、取っ手がついていて上半身の筋肉トレーニングをしながら実施出来るもの、横や斜めなど角度をつけて踏みこめるものなどがあります。


運動やダイエットにすごい効果!全身に働きかけるのステッパーの4つの作用!

1、ウオーキングよりも消費カロリーが高い

ステッパーを1時間使用した場合の消費カロリーは重さにより変動がありますが、大体250〜300kcalとされています。対して、ウォーキングの消費カロリーは1時間あたり150kcalです。
ステッパーの方はウォーキングより1.5〜2倍ほど消費カロリーが高いという事。
運動器具があれば、自宅ですぐに出来る長所も。
欠点としては、膝に負担がかかる為、ご自身の両足の負荷がかかる程度の把握が必要です。
運動が好き、手軽に自宅で汗をかきたいなどの目的でステッパーは超おすすめ!歩くことは視界を変えて5感を使った気分転換にもなりますが、読書をしながら、簡単なメッセージをしながら等、忙しい方の健康維持には最適!
同じ有酸素運動を行うなら、消費カロリーが高いステッパーがおすすめです。2、基礎代謝がアップし、痩せやすい体になる
足を踏み込んで動かす運動=階段を上り下りする時と同じ動作
です。
女性が気になる部分のお尻や太もも、ふくらはぎなど下半身の筋肉を中心に刺激し、結果的に代謝を高める動きになります。
筋肉量が増えると、基礎代謝(消費エネルギー)の量も増えるので、脂肪を燃焼しやすい体になります。
免疫を高めるステッパーはダイエットにも。
痩せやすい体づくりはダイエットの基本ですね。

3、血流をアップむくみ改善

ふくらはぎの筋肉はポンプ作用によって血行が促される仕組みになっています。しかし、デスクワークなどで座ったままの時間が長い人はポンプ作用が低下して心臓に流れる血流が停滞してしまうケースもあります。血流が停滞すると血管が炎症し、血管の外に血中の水分が染み出してしまいます。
この水分が組織の間に留まってしまうとむくみを引き起こすことに。また、血液の流れが悪いと体内温度が低下し体の冷えを招きます。
ステッパーを踏んで脚を動かすと全身に血液を循環させるふくらはぎのポンプ作用を活発化するため、冷え性やむくみを緩和に期待できます。

4、一石二鳥!ながら運動ながらダイエットが出来る!

『運動する時間がない』『仕事(家事)や勉強が忙しい』
そんな方に、ステッパーの魅力は運動だけではありません。
最近のステッパーは強度を自分で調整出来る物が多いです。
踏み台運動をしながら、参考書を読む、ユーチューブを見る等、ながら運動がステッパーには可能です。
勉強や仕事の後も1日のストレスを発散したり、適度な疲れを汗を流す事で癒して夜ぐっすり寝るための手段としても大いに有りですが、
朝に仕事や勉強の効率を上げるために20〜30分ステッパーをすることもおすすめです。脳を活性化させ、エネリギーを燃やし、頭の回転を促す方法の1つです。
すっきりした気分は前向きな活動を促し、血行のよい顔色は他者への印象も高めると言われています。

運動やダイエットにすごい効果!全身に働きかけるのステッパーの4つの作用!いかがでしたか。

ご自身の生活に健康や運動、ダイエットの効果を意識していく中で、
運動の維持・継続方法や手段を見直してみませんか。

今日も皆様、いってらっしゃいませ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 低温やけどの症状・対処法と予防 〜ホッカイロの使用や寒さ対策に気をつける事〜
  2. 11/24(日)12/8(日)の2回、日野市公民館さま主催で【健康・予防医療・美…
  3. 運動やダイエットにすごい効果!全身に働きかけるのステッパーの4つの作用!

関連記事

  1. 生活・健康

    今すぐ実践!花粉症を乗り切る3つのポイント!

    2/18.おはようございます。皆様、体調いかがでしょうか。2月…

  2. 医療

    地域・家族・本人・医療に関わるコメディカルスタッフが向き合って問題解決を:総合診療専門医

    2/4おはようございます。節分が過ぎ、今日は立春ですね。皆様、…

  3. 予防医療

    水の健康と美容7大効果

    3/22.おはようございます。暖かい春の気候が続いています…

  4. 医療

    いざという時 命を救う 赤ちゃんから子供の心肺蘇生法

    2/10.おはとうございます。2月ももう10日経ちましたね。い…

  5. 医療

    コンタクトの選び方

    4/12.おはようございます。春になり過ごしやすい日々が続いてます…

おすすめ記事

  1. 口呼吸を改善し病気を予防🎵 免疫力アップ&しわやた…
  2. 高齢者の熱中症対策とお風呂 〜体の仕組みと夏を乗り切る方法〜…
  3. 不規則な仕事や生活の人のお風呂でなぜ⁈何❗️疲労回復法!
  4. 4/26(水)よい風呂の日特別講座☆全国配信有☆ プロ現場,…
  5. 運動やダイエットにすごい効果!全身に働きかけるのステッパーの…
  6. 低温やけどの症状・対処法と予防 〜ホッカイロの使用や寒さ対策…
  7. 11/24(日)12/8(日)の2回、日野市公民館さま主催で…
  8. 肺炎が都内中心部に。
  1. 生活・健康

    2022年 謹賀新年 あけましておめでとうございます!
  2. 医療

    正しい手洗い 手の洗い方
  3. 予防医療

    水の健康と美容7大効果
  4. 医療

    インスリン 糖尿病とは 診断と治療 〜気をつけよう低血糖症状〜
  5. 生活・健康

    入浴介助者の体を守る『ボディメカニクス』を応用した安全な3つの入浴方法
PAGE TOP